page icon

【エクマットラから新年のご挨拶】(2024.1)

エクマットラを応援してくださっている皆様へ
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
改めまして、皆様には2023年も多大なご支援を頂きました。
おかげさまで、エクマットラでは子ども達の大きな成長、嬉しい出来事がありました。
2月には、エクマットラの卒業生達が、初めて自分たちで同窓会を企画してくれて、懐かしい面々と再会できたこと。
また、アカデミーの子ども達が世界最大NGO、bracの50周年記念プログラムという途方もなく大きな舞台で最高のパフォーマンスを見せたこと。
卒業生から、憧れのBKSP(国立スポーツエリート養成学校)に入学した子から、初挑戦で見事、バングラデシュの最難関カレッジに合格した二人
日本の商社への就職が決まった卒業生から
エクマットラから初めて大学を卒業した二人が様々な障壁を乗り越えてめでたく結婚したこと
などなど、嬉しいニュースから快挙と呼べる成果を上げた子がいました。
また一方、その裏では、悔しい涙を流した子ども達もいました。
その全ての経験が大切な糧となり、また目標となり、子ども達が前を向き成長を続けることができています。
こうしてエクマットラが活動を続けることができ、多くの子ども達が自分の人生を輝かしく作っていくことができているのも、ひとえに皆様からの温かいご支援の賜物です。
改めまして心から御礼を申し上げます。
これからもバングラデシュの子ども達に、様々なチャンスと選択肢を提供し、素敵な将来を描く道を示していけるよう、活動に邁進していきます。
そして卒業生たちがその道しるべとなり、次の世代の子ども達に道を示し、子ども達から子ども達へのサイクルができ、胸を張ってバトンタッチできるその日まで活動を継続していきます。
今後とも温かなご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
エクマットラを代表して心からの感謝を込めて。
2024年1月
渡辺大樹